お客様の声

CASE1 景色の変化を愉しむ家

CASE1 札幌市N様邸

出会い


▲ 心配の発端の一つ

この地に住んで16年余り。現在の家は、N様ご夫妻にとって、同じ土地で2軒目となる住まいです。
以前住んでいた家は、ハウスメーカーが手掛けた築10年の物件を購入したというN様。住み始めて15年ほど経ったころ、すきま風や雨漏り、窓からの冷気、家の周りの塀の傾きなど、気になる箇所がでてきて、家のことを相談する先を探していたといいます。

「同僚に相談したところ、紹介されたのが建成ホームの菊地さんでした。すぐに足を運んでくださり、丁寧に家のあちこちを見て頂いたり、親身に相談に乗って頂けました」。

住み替えも考えましたが、愛着のある土地だったことで、建て替えすることに決めました。

こだわり


▲ 自然素材を生かしたナチュラルな空間

緩やかな坂の途中に建つN様邸は、東側斜面に札幌の街並み、南側には宮の森ジャンプ競技場を望む、眺望に恵まれた周辺環境に位置しています。

「庭に出れば景色を楽しめましたが、それまで住んでいた家の間取りでは、景観を存分に感じながら生活できるとは言い難いものでした」とN様。

暖かく、家族が健康に過ごせる家。時間の経過や四季の移ろいを感じられるよう景色を楽しめる大きな窓。色遣いは白、黒、それに木の色。基本はシンプルに。でもクール過ぎないこと。天井や壁をしっくいで仕上げ、床にはナラ材を使い、ナチュラルな空間が実現しました。

プランニング


▲ N様の希望+αが盛り込まれた図面

道路や隣地からの離れや建物の大きさに制限のある条件、札幌市内を眼下に望む傾斜地の高低差を生かし、2階に大きな窓のあるリビングを設けました。

「ほぼファーストプランのままです。土地の形状を生かした生活のしやすい間取りで、私たちの希望を取り入れた図面でした」とN様。
「スッキリとしたシンクと、雰囲気のあるダウンライトが気に入っています。家事をしていても外を見ることができ、時間や天候によって変化を楽しめますね」と奥様。
「建成ホームさんは、自分たちが思いもしなかったことや、潜在意識の中に持っていた想いを引き出してくれました」と話します。

施工


▲ 四季の移ろいを感じられる大きな窓

1階には子供室を配置、住宅の中心に設けられた階段スペースを通り、2階に上がれば目に飛び込んでくるのは、大きな窓に映し出されるぽっかりと浮かぶ不思議な空間。リビングの窓のフレームを極限まで細くしたことで実現した自然の風景は圧巻です。さらに2m60cmとした天井高に合わせ、2m40cmの高さのドアを採用。伸びやかで、開放感あふれる空間が生まれました。
「床板を太めの幅のものにしたいと思っていました。ナラ材は表情豊かで足触りが良く、温もりを感じられるのが魅力ですね」。

2014年3月、家族の想いが詰まったN様邸が誕生しました。

資料請求はこちら

このページの先頭へ